新しい「薬」を開発するためには、「薬の候補物質」について動物で効果 や毒性を調べるだけでなく、人での効き目(有効性)や副作用(安全性)を確認する必要があります。 人での有効性や安全性について調べる試験を一般に「臨床試験」と呼んでいます。 また、厚生労働省から「薬」として承認を受けるために行う臨床試験の事を「治験」と呼んでいます。
 新薬は、研究者や医師の力だけで世の中に送り出されるものではありません。 薬の開発の中で最も重要な有効性と安全性を確認するためには、患者さまをはじめ多くの方の理解と 協力をいただく「治験」が必要です。 当院では、医学発展へ貢献するために新薬の臨床試験(治験)を支援しています。   ※「治験」は厚生労働省が定めた基準に従って行われ、参加していただいた患者さまの人権及び 安全は最大限に尊重され、秘密は守られます。